絶頂イニシエーション TAKAの前戯テクニックの内容をレビュー

絶頂イニシエーションは、潮吹きマイスターと呼ばれるTAKA(AV監督/AV男優)が、女性を前戯で絶頂させてしまうテクニックを解説する動画です。
>>動画の視聴はこちらです

前戯を甘く見てはいけません

セックスで悩んでいる方は特に男性に多いと思います。
男性は性行為で簡単に絶頂(オーガズム)に達しますが、女性は男性ほど簡単には達しません。男性は射精というオーガズムに達するのに女性はオーガズムを感じる事が出来ずにセックスが終わってしまい、女性が満足出来ないという状態になりがちなもの。

そんな悩める男性向けに多くのセックステクニック教材が世に出ています。
その多くは男性が簡単にオーガズムに達してしまわないようにするための「早漏対策」だったり、あるいは女性をオーガズムへと導くためのテクニックだったりします。
後者はいわゆるセックスの「本番」、ペニスを挿入してのピストンによってオーガズムを感じさせる(いわゆるナカイキ)ための教材がほとんどです。

確かにペニスによるピストンは、男女が互いの性器を擦りあって共に快感を得るので、精神的にも肉体的にも満たされる行為です。これがセックスの一番大切な行為と思うのも無理はありません。

しかし本番だけに固執して前戯を軽く見てはいけません。

多くのナカイキ教材が本番のやり方だけでなく前戯の部分からテクニックを解説しているように、前戯次第で本番の感じ方も違ってくるのです。

さらに女性はそこまで本番に固執していないのです。前戯でしっかりと気持ちよくさせてあげれば極端な話、本番はなくても満足させられます。

「絶頂イニシエーション」はその前戯を徹底的に深く掘り下げた珍しい教材です。
前戯だけに特化しただけあり、その内容は非常に濃いです。なにしろこの教材の前戯は、本番を行う前段階として必要な行為という目的ではなく、この前戯だけで女性を絶頂させて満足させるというのが目的となっています。
「前戯」という呼び方は適当ではないというレベルです。

「絶頂イニシエーション」の良いところ

動画の通りにやれば確実に誰でも出来るというところが、他のセックス教材よりも優れているところです。
ナカイキを目的とした「本番」用のテクニック教材は、実践する人が射精せずにどれだけ耐えられるか?という不確定要素が少なからずあります。
射精までの持続時間が足りないと、テクニックを結局実践出来ない。

しかし前戯は女性を気持ちよくするのにあなたのペニスは必要としませんので、たとえどんなに極度の早漏であっても確実に出来ます。
これは他のセックステクニック教材には無いアドバンテージです。

あらゆる男性にオススメ出来る教材

早漏の男性がパートナーを満足させるために「絶頂イニシエーション」を行うというのはもちろんの事、そこまでの早漏ではないけど持続時間や本番のテクニックに自信が無いという男性が、本番でうまく出来なくても満足させてあげられる「保険」として「絶頂イニシエーション」の前戯を行うというのも良いですね。
そしてさらに、既に女性をナカイキさせられるだけのテクニックをお持ちの方が、「前戯でも絶頂」「本番でも絶頂」という2段構えでパートナーをより満足させるという目的もありです。
セックスをするパートナーがいる男性なら、誰にでもオススメ出来る教材。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です